archive-seija.php

聖者の偉業・俤

聖者の偉業 No.4 無礙光3

出典『観照』第9号 昭和6年3月  谷 安三師 速記 「無礙光」(前号からのつづき) 恩寵。大慈悲を以て衆生の心霊を化育し給う。 衆生性 如来の光明にて 感覚 汚 → 浄化 清浄光 感情 悩 → 融化 歓喜光 智識 闇  … “聖者の偉業 No.4 無礙光3” の続きを読む

聖者の偉業 No.3 無礙光2

出典『観照」 昭和5年12月4日 谷 安三師 速記 「無礙光」(前号からのつづき) 仏道的道徳 ここにいう如来の道徳とは仏道的道徳である。すなわち如来の心を心として、段々と進んで行くのが如来の道徳である。その起源は最完全 … “聖者の偉業 No.3 無礙光2” の続きを読む

聖者の偉業 No.2 無礙光1

法話聴書を以下に再録してみます。 無礙光(用大 処として融化せざる無し) 如来三徳 一切衆生を解脱霊化して自由を得せしむ。 昨日話した無辺光は悟らしめる智慧の光、すなわち認識の力を与える光である。 無礙光は如来の用として … “聖者の偉業 No.2 無礙光1” の続きを読む

聖者の偉業 No.1 光明主義

聖者の偉業はなんといってもやはり『光明主義』によって如来様が今現に此処に在すことをこの娑婆世界に知らせにこられた事なのではないでしょうか。 光明主義の主張を表現する一つに新・真・深の法門があります。 新の法門 「自然教」 … “聖者の偉業 No.1 光明主義” の続きを読む