archive-seija.php

聖者の偉業・俤

聖者の俤 No.82 乳房のひととせ 下巻31 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻30 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義  往生の正因は念仏である。これを養うに三心、四修、五正行あり。三心とは、心田地を良くする … “聖者の俤 No.82 乳房のひととせ 下巻31 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.81 乳房のひととせ 下巻30 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻30 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義  理想が我欲や名利にある間は、情操卑し。人により、意向即ち心の向け方が違う。情操が中心と … “聖者の俤 No.81 乳房のひととせ 下巻30 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.80 乳房のひととせ 下巻29 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻29 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 法然上人と親鸞上人は、丁度お釈迦様とキリストに似ている。法然上人は証入してあったが、親鸞 … “聖者の俤 No.80 乳房のひととせ 下巻29 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.79 乳房のひととせ 下巻27 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻27 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 清浄光 五根浄化 人は先天的にも、後天的にも、感覚に汚れを持つ。経に「五欲の恐るべきは、 … “聖者の俤 No.79 乳房のひととせ 下巻27 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.78 乳房のひととせ 下巻27 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻27 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義  我々は生まれながら煩悩を持っているが、人々の持てる煩悩に軽重がある。業に善、悪、無記等 … “聖者の俤 No.78 乳房のひととせ 下巻27 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.77 乳房のひととせ 下巻26 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻26 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 仏性(形式)と煩悩(内容)  ヘルバルト曰く「教育とは各自が持てる知能を啓発することであ … “聖者の俤 No.77 乳房のひととせ 下巻26 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.76 乳房のひととせ 下巻24 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻24 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十(つづき) 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 妙観察智  今は、これを述べない。(筆者が上人に「妙観察智が抜けました」と申し上げたのに … “聖者の俤 No.76 乳房のひととせ 下巻24 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.75 乳房のひととせ 下巻24 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻24 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 無辺光  相(象)大 処として照らさざるなし 四大智慧 (仏陀) (凡夫) 大円鏡智―アラヤ識 平 … “聖者の俤 No.75 乳房のひととせ 下巻24 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.74 乳房のひととせ 下巻 8 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 8 聞き書き 其の十 当麻山無量光寺にて 八月四日よりの十二光仏講義 無量寿〔つづき〕  無量寿、無量光は如来の体である。  本仏の一切智より現れた世界の衆生は、本仏の性を … “聖者の俤 No.74 乳房のひととせ 下巻 8 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.73 乳房のひととせ 下巻 7 随行記・8 聞き書き 其の十

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (八) 涙の別れ  吾等一行が別荘に着くや、勝手の知った人が、我々を仏間に案内してくれた。室の西側に立派な仏壇を構え、 … “聖者の俤 No.73 乳房のひととせ 下巻 7 随行記・8 聞き書き 其の十” の続きを読む

聖者の俤 No.72 乳房のひととせ 下巻 7 随行記

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (六)唐沢へ  当麻山での最後の日の午後、横浜から久賀博士夫妻が来られ一泊された。そして翌る〈八月〉十六日の午前中にお … “聖者の俤 No.72 乳房のひととせ 下巻 7 随行記” の続きを読む

聖者の俤 No.71 乳房のひととせ 下巻 7 随行記

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (五)安居〈つづき〉 ○食後の散歩。夕食後、上人は「散歩しましょう」と仰った。私共は喜々としてお供をした。庭の彼方、亀 … “聖者の俤 No.71 乳房のひととせ 下巻 7 随行記” の続きを読む

聖者の俤 No.70 乳房のひととせ 下巻 7 随行記

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (五)安居〈つづき〉 ○八日に弟が東京から遊びに来た。自分は彼を上人の御前へ連れて行って挨拶をさせた。弟が頭を上げたの … “聖者の俤 No.70 乳房のひととせ 下巻 7 随行記” の続きを読む

聖者の俤 No.69 乳房のひととせ 下巻 7 随行記

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (五)安居 ○八月四日。今日から、いよいよ安居は始まった。  午前三時に起床。洗面後すぐ本堂で「あけの礼拝」と念仏三昧 … “聖者の俤 No.69 乳房のひととせ 下巻 7 随行記” の続きを読む

聖者の俤 No.68 乳房のひととせ 下巻 7 随行記

乳房のひととせ 下巻 中井常次郎(弁常居士)著 7 随行記 大正9年7月27日~8月24日〈つづき〉 (四)当麻山へ ◯七月二十九日。横浜の一夜は明けた。朝の勤行は始められた。自分は木魚をわが頭と思い、小我を打ち壊して大 … “聖者の俤 No.68 乳房のひととせ 下巻 7 随行記” の続きを読む