九州支部 平成29年7月

5月巡伝報告

《福岡地区》 金田 隆栄

◇15日 福岡光明会 12名
◇16日 正法寺 15名

 福岡光明会様では、3名の方に今回初めて参加して頂き有難いことです。ご努力の下司様にはいつまでもお元気で、又今後ともどうかよろしくお願いいたします。
正法寺様では前住職の法上様と、講師室で30分ほどお話をさせて頂きました。現在82歳、将来の光明会の在り方を色々と話をして頂き感謝申し上げます。大変に参考になりました。法話は「至心に帰命す」について1時間ほどお話をさせて頂きました。

《佐世保地区》 尾関 快照

◇22日 善隣寺 12名

 佐世保地区は初めてのご縁でした。内容はいつもの小生の法話と同じく、自分の体験とお念仏のご縁についてお話をさせて頂きました。出来るだけ多くの方々に体験を共有して頂けるように、表現について少しずつ変化を付けられるようになってきたかとおもいます。法話の後で参加者の皆様方に温かいお声を掛けて頂き恐れ入ります。巡伝の機会を頂けたこと、嬉しい限りです。

《諫早地区》 菅野 浄光

◇25日10時 慶巖寺 20名
◇25日13時 安祥寺 10名 

 当日大分を出発する頃は少雨でしたが、ご当地に着く頃には晴天のいいお天気に恵まれました。慶巌寺様「五重同行会」。寺内にある『五重記念写真』を見ながら、定期的に『五重』を開かれている様子にあたまの下がる思いです。安祥寺様は久し振りにお伺いした様な気がします。毎月の例会・定期の法要等々の開催に御礼申し上げます。ご参詣の方々に応えられる内容の話ではないことを思い、これからの精進を・・・と反省しております。

《北九州地区》 炭本 義空

◇20日 大願寺 17名 
◇20日 戸畑光明会 休会
◇21日 円応寺 休会

 大願寺様の会所は若松区の慈眼寺様に変更になりました。法話は「不断光」についてのお取り次ぎでした。

《筑豊地区》 西 徹空

◇23日昼 定禅寺 6名  
◇23日夜 福円寺 11名  
◇24日 種善寺 14名   
◇25日 長安寺 27名

 当初の予定の多賀上人の代講でお勤めしました。長安寺様ではお勤めの最後に、光明聖歌の中の「如来讃」を斉唱されました。思えば九州光明会の巡伝では、最近では光明聖歌を歌う事が大変少なくなっております。福圓寺様では先代上人が自らオルガンを弾いて、元気なお声で歌っておられたことを懐かしく思い出しました。最近では「如来光明礼拝儀」の光明聖歌は弁栄聖者がお作りになったことも知らずに、歌の付録が付いている程度に思っている人も居るようです。聖歌も礼拝儀の一部である事を認識して、お勤めの中で必ず実行すべきだと思います。その為には、楽譜と歌詞の整合を計るなどの作業をする必要が有りましょう。音楽に詳しい人のご尽力を期待しています。

《大分地区》 大谷 決正

◇4日 善光寺 20名
◇5日 迎接寺 15名
◇6日 蓮華寺 45名

 爽やかな五月晴れの好天の中での善光寺様・迎接寺様・蓮華寺様の三日間巡伝でした。大型連休の真っ只中の例会にも係わらず繰り合わせてお参り下さった方々に、ご本尊様はさぞお喜びになられたことかと拝察した次第です。今回も参加された方々に弁栄聖者の三昧仏様のお写真をお配り致しました。「意思を動かすことなくいつも生きた如来様のお姿を見奉ることが出来ますれば、それは正しく円満な仏眼、認識的一切智の境地であります。だから何時も慈悲の聖容を見奉っておられるように全力を注ぐことは、取りも直さず円満な仏眼、正しくお釈迦様の認識的一切智を理想として、人格の完成に全力を注ぐことになります。何時も慈悲の聖容を見奉っておられるように努力するのが念仏修行の根本で御座んす。」これは弁栄聖者の高弟の笹本上人の御教えです。これを元につたないながらお取り次ぎさせて頂きました。

《熊本地区》 西 徹空

◇22日 荘厳寺 休会
◇23日 善樹院 休会

《山口地区》 稗貫 光遠

◇24日 長命寺 25名 25日午前 15名
◇25日 西蓮寺 15名

 尊いご縁を頂きまして、山口地区巡伝を担当させて頂きました。長命寺様は遠忌の法要、また西蓮寺様は定例の例会でした。両会所様にはとても温かいおもてなしを頂きました。特に西蓮寺の藤本先生とのご縁を頂き、色々とご教導頂きまして厚く御礼申し上げます。先生の来月の「教学研修会」での“光明主義と伝統宗学との関係”のご講義を楽しみにしながらお別れを致しました。

《聖恵病院》 金田 恭俊

◇26日 114名

 聖恵病院では七ヶ月ぶりの「めぐみの集い」が開かれました。法話は「信じる事」について。信仰がよくわらない・阿弥陀様にお任せできない・信仰が深くなっていかないと悩む人に、心配せずに阿弥陀様の大慈悲に任せていくことの大切さをお伝えしました。たくさんの尊いご縁をありがとうございます。